• LINEで送る
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ

創刊40周年を迎えるスポーツ総合雑誌『Sports Graphic Number』のバックナンバーから、
球団ごとの名試合、名シーンを書き綴った記事を復刻。2020年シーズンはどんな名勝負がみられるのか。

1985阪神 日本一

いまここに甦り!猛虎魂。

文 村山 実

2/2ページ

苦しかった。タイガースを愛する者の一人として、たとえ野にあっても、思いは同じである。20年間も、栄光から見放されていた屈辱……。私はテレビや新聞の解説で、あえて阪神につらくあたった。すると熱心な阪神ファンから「おまえは巨人のひいきをして阪神に冷たいではないか!」とかなりのクレームがついた。

誰がタイガースよりも巨人が好きだ……なんて思っているものか。タイガースは、私にとって血であり肉であり生命だ。掛布や岡田、中田、中西、池田、佐野、北村、吉竹……、みんなわが後輩であり、わが子のようなものである。

わが子なりゃこそ、厳しいこともいうのだ。他人サマの子供だからこそ、平気でほめられるのである。この心理は、今季、チームの指揮をとり、慎重に、かつ、選手に厳しく注文をつけていった。吉田監督も、まったく同じだったと思う。

今年のタイガースを、私はシーズン当初、3位と予想した。あまりにも戦力面で投手力に不安があったからである。安芸キャンプを取材したとき、吉田監督から「若手投手陣をちょっと見て欲しい」といわれた。世間では〝意外〟と受けとったようだが、いわゆるチームー丸となるには、本社、フロント、現場、そしてOBも含めてのチームワークなのだと吉田さんはいう。これこそ「土台づくり」の原点であろう。

私は意気に感じた。と同時に、実際に若手投手陣を見て、こりゃあ米田コーチは苦労するぞ……と思った。実際、このピッチングスタッフでは、ペナント・レースの荒海を乗り切るには、あまりにも柱が細すぎた。

それを支えたのは、山本ー中西のダプル・ストッパーである。ベテランと若手をかみ合わせたリーグ唯一の左右ストッパー・システムは、首脳陣の苦肉の策から生まれたとはいえ、最大のヒットだった。

また、不調なものを惜し気もなく二軍に落とし、逆に好調なものはルーキーでも大胆に登用していった。その新陳代謝こそ、弱体といわれた投手陣に、一本の太い精神注人棒の役をはたした。カンフル剤を常に投与し続けたベンチの苦労も忘れてはならない。

バースと岡田……。なるほどこの2人はよく打った。無条件である。だが、私は、その2人にサンドイッチ状にはさまれて、黙々と働いた掛布雅之に、黒光りする、〝タイガース魂〟の血脈を見る思いがした。あまりにも、シーズン途中に前後の2入が派手に打つために、〝四番打者〟掛布の存在感が希薄になっていった。夏場から9月中旬にかけて、いわゆるペナントの、〝心臓破りの丘〟の段階にかかって、掛布にチャンスが回ると、スタンドはタメ白まじりだった。強烈なカケフ・コールに、それはかき消されていたが、チャンスに弱い……という思いが、ファンの意識の底に漂っていたのだ。

背中にそれをうけながら、終盤のホームストレッチにかかって、掛布は俄然、自ら、〝主役〟の座を捨てた。脇役に徹したのだ。

つまり、強引にホームランをねらわず、進塁打、効率のいいヒツト、そして、出塁する(四球)ことを心がけている。えてして、派手なホームランが目立った今年のタイガースだが、ここぞというときの掛布の、〝身を捨てた打席〟に、私は、彼の胸のなかの炎を感じたのである。

「とにかくボクは、優勝してみたいんですよ……」

昭和11年、タイガースはうぶ声をあげて以来、巨人のライバルとして球史を飾った。洲崎の3連戦で、巨人・沢村の前に牛耳られたタイガース打線は、景浦、松木、藤村ら、伝説を生んだ猛者たちが、日本プロ野球史上、初めての〝特訓〟をやり、翌年、沢村をこっぱみじんに打ちくだくのである。

以来、タイガースの歴史は、殴られたら殴りかえす! この、男たちの哲学が支配した。

藤村富美男さんにあこがれ、甲子園にあこがれた多くの若者と同じように、私がタイガースに入り初めてマウンドを踏んだのは、昭和34年3月2日、そのミスター・タイガース藤村富美男さんの引退記念試合だった。初めて対した打者が川上哲治さん……このドラマチックな、〝出逢い〟こそ、タイガースへの未だに熱いノスタルジーの出発点だったのである。

幸せなことに、私は14年間のタイガースの生涯に、永久欠番、〝11〟をいただいた。

これは、いいかえると「村山実よ、タイガースを永久に忘れてはならぬ」ということであろう。いわれるまでもなく、忘れるわけはない。だが、私が引退してからもタイガースの苦難は続いた。江夏がいて、田淵がいて、彼らも志なかばにしてチームを去っていったのである。

何だか、プツンと音をたてて糸が切れていくような思いだった。やがて掛布が台頭した。岡出がデビューした。

そして、今、やっと長い遠い道に灯がともった。火をともしたのは、吉田監督を中心としたタイガースの戦士たちである。だが、ここまで、暗く苦しい道を、必死で支えてきた多くの男たちの歴史もまた忘れてはならない。タイガース魂を、血と汗で守り続けた男たちを……。私はいま、感激の渦のなかで、そのことを強く思う。わがタイガースの〝灯〟は再び燃えあがる。

タイガースよ、ありがとう、ありがとう。

2/2ページ

2020年シーズンはどんな名勝負が生まれる?

J:COMは
12球団全試合生中継!

だから
熱い闘いを見逃さない!

J:COM プロ野球ガイド

BackNumber

2017年 松坂大輔

2017

松坂大輔

[証言ノンフィクション] デビュー戦「155km」の衝撃。
arw
1985年 阪神 日本一

1985

阪神 日本一

いまここに甦り!猛虎魂。
arw
1995年 ヤクルト 日本一

1995

ヤクルト 日本一

[野村IDの最高機密を独占公開] 丸裸にされていたイチロー。
arw
1996年 オリックス 日本一

1996

オリックス 日本一

[仰木マジックの謎を解く] 栄光の采配。
arw
1998年 横浜 日本一

1998

横浜 日本一

佐々木主浩「頂点をかみしめる」
arw
2000年 巨人 日本一

2000

巨人 日本一

長嶋茂雄 vs.王貞治「3」対「89」の意味するもの。
arw
2004年 西武 日本一

2004

西武 日本一

伊東勤 vs.落合博満 智謀と意地と。
arw
2005年 ロッテ 日本一

2005

ロッテ 日本一

ロッテ4連勝「ボビーマジックの正体」
arw
2006年 日ハム 日本一

2006

日ハム 日本一

新庄剛志「最後のSHINJO劇場」
arw
2007年 中日 日本一

2007

中日 日本一

落合博満「揺るがなかったオレ流。」
arw
2011年 ソフトバンク 日本一

2011

ソフトバンク 日本一

秋山幸二「寡黙な男の大いなる決断。」
arw
2013年 楽天 日本一

2013

楽天 日本一

[インサイド・レポート]楽天野手陣、結束Vの全内幕
arw
2016年 広島 セ・リーグ優勝

2016

広島 セ・リーグ優勝

From 1996 to 2016 メークドラマ〝悲劇〟をこえて。
arw

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.

J:COM

Copyright c Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.
ケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」