• LINEで送る
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ

創刊40周年を迎えるスポーツ総合雑誌『Sports Graphic Number』のバックナンバーから、
球団ごとの名試合、名シーンを書き綴った記事を復刻。2020年シーズンはどんな名勝負がみられるのか。

2005ロッテ 日本一

ロッテ4連勝 「ボビーマジックの正体」

text by Tamaki Abe

2005年 ロッテ 日本一
2005年 ロッテ 日本一icon
icon

※実際の誌面

これほど完璧な日本シリーズの「スイープ」は過去に見たことがない。10点取って圧勝した3試合はもちろん、1点差の接戦になった第4試合さえ、追い詰められてあえぐといった感じは一度もなかった。タイガースのコンディションの悪さを差し引いても、マリーンズの勝利はけちのつけようのないものだったといえる。

マリーンズの日本一が決まって、1000人あまりのファンからボビー・バレンタイン監督への「ボビーコール」がはじまった時、甲子園では、その声に唱和するタイガースのファンが少なからずいた。ほかならぬ甲子園だけに、ちょっと驚かされたが、タイガースの完敗によるやけくその唱和ではなく、パーフェクトな野球を見せてくれたチームへの素直な感謝と受け取りたい。

パ・リーグのプレーオフがはじまる前、バレンタイン監督に話を聞くことができた。プレーオフを勝ち進めば日本シリーズではタイガースと顔を合わせる。その相手にどんな印象を持ち、どんな対策を練っているのか。

「タイガースのことはまったく考えていない。プレーオフを戦い抜くことしか頭にないんだ」

こちらの質間はそう一蹴されてしまったが、その答えがとんだ「三味線」だったことはシリーズの戦い方を見ればあきらかだ。バレンタインとチームスタッフは、タイガースの選手の鼻毛の一本まで分析し尽くし、その傾向を選手に叩き込んだ。専門家の多くが驚嘆した追い込まれたカウントでの打者の変化球の見極め、相手打者の打球の傾向を把握した守備位置の変更など、研究の成果をあげればきりがない。

シリーズ優勝後の共同会見で、バレンタインは「これ以上ないというプレーをしてくれた選手」と同じくらいの感謝を、「準備をよくやってくれたスコアラーをはじめとするスタッフ」にささげていた。やはり準備は抜かりなかったのだ。

バレンタインの采配は、「ボビーマジック」などと呼ばれる。だが、日によって大きく変る打順や、守備位置の変更、意表を突く強攻策などは、よく見れば、詳細なデータ分析からオートマチックに導き出される戦術で、マジックどころかドラスティックな確率論、成果主義とさえいえる。

もし、マジックがあるとすれば、そうやって導き出された戦術を、選手たちがまったくためらいなく、自信を持って実行している点ではないだろうか。

1995年、バレンタインは、マリーンズの監督に就任し、チームを久々の2位に導いた。そのシーズンの終盤の戦いぶりから、当時の主力だった選手たちは、「翌年はかならず優勝する」と思ったという。伊良部秀輝、小宮山悟という当時の主力が、それぞれ別の機会に語ってくれたのだから、その確信はチーム全体のものだったろう。だが、バレンタインは1年限りでユニフォームを脱ぎ、それはかなわなかった。

去年、9年ぶりに復帰したバレンタインは、プレーオフ進出を争うところまでチームを持っていった。その戦いぶりが、今年の躍進の背景になっている。

「誰かひとりに頼るのではなく、全体が信頼しあって戦うチーム」

バレンタインは今年のマリーンズをそう要約したが、そのチーム像を1年かかって選手に植付け、今年花開かせたのだ。

投手陣の柱のひとり、渡辺俊介は、「チームが勝ちながら強くなっているのをはじめて感じた」と、少し驚いたようにふり返ったが、30年間優勝から遠ざかっていたチームが、日本一を奪い取る戦いの中で、日々、強くなっていくことを実感する。このわくわくするような成長の感触を、チームに与えたことこそが、ボビーマジックの正体なのだ。

1/1ページ

2020年シーズンはどんな名勝負が生まれる?

J:COMは
12球団全試合生中継!

だから
熱い闘いを見逃さない!

J:COM プロ野球ガイド

BackNumber

2017年 松坂大輔

2017

松坂大輔

[証言ノンフィクション] デビュー戦「155km」の衝撃。
arw
1985年 阪神 日本一

1985

阪神 日本一

いまここに甦り!猛虎魂。
arw
1995年 ヤクルト 日本一

1995

ヤクルト 日本一

[野村IDの最高機密を独占公開] 丸裸にされていたイチロー。
arw
1996年 オリックス 日本一

1996

オリックス 日本一

[仰木マジックの謎を解く] 栄光の采配。
arw
1998年 横浜 日本一

1998

横浜 日本一

佐々木主浩「頂点をかみしめる」
arw
2000年 巨人 日本一

2000

巨人 日本一

長嶋茂雄 vs.王貞治「3」対「89」の意味するもの。
arw
2004年 西武 日本一

2004

西武 日本一

伊東勤 vs.落合博満 智謀と意地と。
arw
2005年 ロッテ 日本一

2005

ロッテ 日本一

ロッテ4連勝「ボビーマジックの正体」
arw
2006年 日ハム 日本一

2006

日ハム 日本一

新庄剛志「最後のSHINJO劇場」
arw
2007年 中日 日本一

2007

中日 日本一

落合博満「揺るがなかったオレ流。」
arw
2011年 ソフトバンク 日本一

2011

ソフトバンク 日本一

秋山幸二「寡黙な男の大いなる決断。」
arw
2013年 楽天 日本一

2013

楽天 日本一

[インサイド・レポート]楽天野手陣、結束Vの全内幕
arw
2016年 広島 セ・リーグ優勝

2016

広島 セ・リーグ優勝

From 1996 to 2016 メークドラマ〝悲劇〟をこえて。
arw

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.

J:COM

Copyright c Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.
ケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」