オンラインイベント

ナビゲーター&ゲストとZoomで試合観戦!
J:COM ZOOM オンラインイベント「BAYSTARS HOUSE」開催!

横浜DeNAベイスターズの試合中継を見ながら楽しむオンラインイベント、J:COM ZOOM オンラインイベント「BAYSTARS HOUSE」が8月30日、数多くののベイスターズファンが見守るなか開催されました。

ナビゲーターやゲストたちがファンと共に、この日熱戦を繰り広げた対ヤクルト戦を「ZOOM」を通して一緒に観戦。

テレビやラジオの中継などとは一味違う独自の切り口で、熱いトークを展開しました。

ナビゲーターは、同イベントをはじめ、当サイトですっかりおなじみとなった横浜F・マリノス クラブシップキャプテンの栗原勇蔵さん、TVKで「KICK OFF F・Marinos」出演のスポーツアナウンサーの小山愛理さん。

出演予定だった元横浜DeNAベイスターズの荒波翔さんは新型コロナウイルスの陽性判定を受け、残念ながら急遽欠席となりました。

栗原勇蔵・小山愛理

ゲスト解説には、広島東洋カープなどで活躍した元プロ野球選手の野々垣武志さんが登場。
現在YouTuberとしても活動している野々垣さんが、穏やかな口調ながら、この日の勝利のゆくえを鋭く分析!

野々垣武志

さらに、ゲストには自身の草野球チームを持つほどの野球好きで、プロ野球に関する知識も豊富な「スピードワゴン」の小沢一敬さん、小沢さんの事務所の後輩で熱狂的なベイスターズファンだという「さんだる」の宗洸志さんが出演し、イベントを盛り上げました。

元読売ジャイアンツの篠塚和典選手にあこがれて野球を始めたという小沢さん。中学生時代から約30年に渡り愛読している「週刊ベースボール」について、「毎週水曜発売。だけどキヨスクでは火曜に発売されることがある。だから火曜だけ電車に乗る」と力説するなど、自身の野球に対する愛をたっぷり語ってくれました。

また、「ジャイアンツは生みの親、(名古屋出身なので)ドラゴンズが育ての親。残り10球団はすべて親戚」との名言(!?)も。

毎年沖縄キャンプを見学して、シーズン前に「親戚」たちにあいさつ回りをしているという小沢さんは今年、横浜DeNAベイスターズ対中日ドラゴンズの練習試合を観戦したというエピソードを披露し、しっかりベイスターズへの愛があることもアピール。

小沢一敬

一方、25年に渡ってベイスターズ一筋だという「さんだる」の宗さんが、ベイスターズファンになったのは幼稚園の頃。

クラスの友達が「駒田の足だよ」と駒田徳広選手のモノマネを見せてくれたことがきっかけだったのだそう。

そんな宗さん、なんと現在では自身がベイスターズの選手たちの仕草や発言を完コピ。

この日も選手たちのモノマネを披露し、鉄板ネタのひとつ「サヨナラヒットを打ったあとのロッカールームでの荒波選手」は、この場に荒波さんがいないことが悔やまれる盛り上がりぶり。

この他にも「巨人戦の前のロペス選手」など、観察眼光る“細かすぎる”モノマネで参加者たちの笑いをさらいました。

宗

ナビゲーター&ゲストが試合展開を大胆予想!見事的中なるか…??

栗原勇蔵・小山愛理・小沢一敬・宗・野々垣武志

イベント前半には、ナビゲーター・ゲストの皆さんが、この日のスコアとホームランバッターを予想。
皆さんいずれも希望も込めつつ、ベイスターズの勝利を予測。

栗原さんの予想は、スコア8-3でホームランバッターに梶谷隆幸選手。

小沢さんは、8-7とホームランが大量に出る試合展開を予測し、大和選手がホームランを打つと予想。

野々垣さんは4-2のスコア予想で、初回にヒットを打っていたネフタリ・ソト選手にホームランを期待。

宗さんも全く同じ4-2でソト選手と予想しました。

また、野々垣さんは解説の中で、ベイスターズの打線や終盤の強さに注目。

期待の選手として佐野選手を挙げ、7月24日のサヨナラ満塁ホームラン以降、「真の4番として着実に成長しつつある」と佐野選手を絶賛。

初勝利を目指す先発阪口皓亮投手には、今後の制球力とスタミナに期待を寄せていました。

小沢一敬・宗

この日のヤクルト側先発は、前回横浜スタジアムでノーヒットノーランを達成した小川泰弘投手。

この日も初回から、好調ぶりを発揮する試合展開でベイスターズは苦戦。

さらに試合は二回、ヤクルト・山田哲人選手が今季2本目となるグランドスラムを放ち、0-5の苦しい展開に。

三回表には阪口投手に代わって武藤祐太投手がマウンドへ。

三者連続三振を決めるなど、素晴らしい活躍ぶりを見せてくれました。

そして三回裏、梶谷選手が今季11号を放ち、栗原さんがホームランバッター予想を的中させる結果に!

梶谷選手を応援していることをたびたび公言している栗原さんの願いが見事に届きました。

栗原勇蔵

お宝公開&プレゼント企画も!そして手に汗握る白熱の展開…大逆転なるか?

また、中盤には視聴者のお宝公開企画やプレゼント企画など、参加型の楽しいイベントも開催。

視聴者のお宝グッズを公開するコーナーでは、戸柱恭孝選手のキャッチャーミットや、筒香嘉智選手、ラミレス監督などなど、新旧さまざまな名選手たちがファンに贈ったサインボール、98年にベイスターズが日本一を飾った時に書かれたという中根仁選手のサイン、結婚式に贈られたという全選手のサイン入りユニフォームなど、視聴者の皆さんが続々ととっておきの宝物を公開してくれました。

そして試合は七回、代打で登場した桑原将志選手が今季1号となるホームラン!

点差を2-6の4点に詰めます。

さらに九回、打順は再び梶谷選手に。
タイムリー3ベースを放って4-6にまで追い詰めます。

しかし大逆転勝利目前、参加者全員が固唾を飲んで見守る中、残念ながら試合は終了。

惜しくも敗れたものの、見応えのある試合展開に参加者たちは大満足の様子で楽しい夕べを振り返りました。

栗原勇蔵・小山愛理・小沢一敬・宗・野々垣武志

お知らせ

次回のJ:COM ZOOM オンラインイベント「BAYSTARS HOUSE」は、10月下旬頃を予定しています。

あのスペシャルゲストも登場するかも!?

是非、お楽しみに!