MY J:COM

確認・変更・お手続き

風水

毎日を自分らしく、幸せに生きるための開運エッセイ。バランスよく上手に取り入れて、日々の生活を快適に過ごしましょう。

開運エッセイ

カレンダーの見方

2019年12月1日更新

12月3日はカレンダーの日です。
1872年に、それまで利用していた太陰暦にかわって、現在の暦となる太陽暦が採用されることに伴い、1872年12月3日が1873年の1月1日に繰り上がったことにちなみ、カレンダー協議会・組合連合会によって制定されました。

カレンダーは、1日のうちに何かと目にするものです。
ただ日にちを見るだけのためのもの、メモをするだけのためのものとするよりも、見て「キレイだな」とか、「かわいいな」とか、何か嬉しくなるようなデザインのものがおすすめです。

さて、カレンダーには、様々な情報が記載されています。
日にち、曜日の他に良い日とされる「大安」や悪い日とされる「仏滅」でおなじみの「六輝(ろっき)・六曜(ろくよう)」は、日の吉凶を占うとされていますが、後付け的に作られたものでもあり、本来そんなに気にする必要はない部分です。

ただ、六輝・六曜という名の通り、その種類は6つしかないですし、良い日・悪い日が明確にわかりやすくなっています。
その分人の意識が向きやすいので、パワーが強まっています。

主な吉凶は、次のような意味です。
先勝(せんしょう・さきがち・せんかち)は、午前が吉、午後が凶。
赤口(しゃっこう)は、正午の前後を除いて凶。
友引(ともびき)は、昼以外は吉。
先負(せんぷ・さきまけ・せんまけ)は、午後が吉。
仏滅(ぶつめつ)は、終日凶、大安(たいあん)は、終日吉。

どうしても気になる方は、特別な日にはチェックしてみると良いでしょう。

ラッキーアイテム

  • カレンダー
  • 手帳

今日の吉方位

あなたの今日のラッキーな方角は?九星別の吉方位が見られます。

あなたの九星は

プルダウンから誕生日を選択して「調べる」ボタンを押してください。

監修者プロフィール

原宿竹下通り占い館塔里木~TARIM~
塔里木は日本の占い館の発祥であり、現在も最先端の占いサービスを提供しています。
創業から現在まで、対面鑑定に特化し20年間多くの方の相談を沢山の先生方と一緒に解決してまいりました。
原宿で20年、年間約4万人、創業からのべ70万人の鑑定実績があります。
そのノウハウをもとに「占いは心のエステの時代へ」というビジョンを掲げ、これまでの当たるも八卦当たらぬも八卦という占いの在り方から、悩みや迷いという問題を解決するためのもの、というあり方をこれからも提唱していきたいと思っています。

Copyright (c) GT-Agency

J:COM

Copyright c Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.
ケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」