二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2019年3月21日(木)更新

ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ

W杯開幕まで、あと半年。ホストカントリーとして世界の強豪を迎え討つジャパンは、3月20日に沖縄県での合宿を打ち上げました。10日からスタートした合宿では、「コンバットトレーニング」というメニューがニュージーランドの柔術家ライアン・ヘンリーさんの指導の下に行われました。

ブラックベルト

 ヘンリーさんはニュージーランド人で初めてブラジリアン柔術のブラックベルトを締めた人物として知られています。グレイシー柔術の名手ホイラー・グレイシーさんに師事し、現在は地元オタゴにジムを構え、多くの教え子を輩出してきました。ヘンリーさんの師ホイラーさんの兄は日本でも有名な「400戦無敗」のヒクソン・グレイシーさんです。グレイシー柔術の創始者エリオ・グレイシーさんの三男で、総合格闘技イベント『PRIDE』のリングに上がり、高田延彦さんや船木誠勝さんなど日本の著名レスラーを倒してきました。そのヒクソンさんの6歳下の弟・ホイラーさんもまた日本のリングで桜庭和志さん、山本“KID”徳郁さんらと戦いました。特技はグラウンドの攻防で“寝技世界一決定戦”のアブダビコンバットで3連覇を果たしています。

 そのホイラーさんの弟子ヘンリーさんと、ジャパンの指揮を執るジェイミー・ジョセフさんは旧知の仲です。ジェイミーさんはスーパーラグビー・ハイランダーズのHC時代の2011年からの6年間、ヘンリーさんの柔術式トレーニングをチームに取り入れていました。その意味でヘンリーさんは15年のスーパーラグビー制覇に貢献した人物とも言えます。

 今回は沖縄合宿に合わせて来日。ヘンリーさんはジャパンの選手たちに受け身など体の使い方を教えました。起き上がるスピードやタイミングを体に染み込ませ、ブレイクダウン(ボール争奪戦)での粘り強さに繋げるというのが、その狙いでした。

ジャパン前 HCのエディー・ジョーンズさんも格闘技のエッセンスをラグビーに取り入れることに熱心でした。エディーさんは格闘家の髙阪剛さんを 2015年W杯イングランド大会が始まる前、ジャパンのスポットコーチに招きました。

髙阪剛の闘争スキル

 オファーを受けた髙阪さんが「ラグビーのことは全く知らない。それでもいいのか?」と念を押すと、エディーさんは「それでも構わない。ぜひ来てほしい」と語気を強め、こう続けたそうです。

「大柄な外国人を倒すにはディフェンスラインでのタックルのスキルを上げなければならない。そのためには1対1で命をかけて戦っているキミのような格闘家の経験と知識が必要なんだ」

 では具体的に、髙阪さんはジャパンのタックルの質をどう変えたのでしょう。低く突き刺さるようなタックルなら、わざわざ格闘家に教わらずとも、以前からジャパンのスキルとして研究されてきました。

 エディーさんは格闘家に何を求めたのでしょう。髙阪さんは話します。

「ただ低いタックルなら代表レベルの選手は皆できるんです。しかし、そのタックルは相手を倒す作業にとどまっていた。総合格闘技の場合、相手をダウンさせても、まだ足を前に出し、トップポジション(倒した相手の上になる状態)をとるまでタックルの動作をやめない。倒しただけなら、いつ立ち上がってくるかわからないからです。要は倒すか、倒し切るか。そこに違いがあったんです」

 髙阪さんがジャパンの戦士たちに教えたのはタックルの技術だけではありません。修羅場の闘争スキルをも授けたというのです。

 これについて、ロックの真壁伸弥選手から、こんな話を聞きました。

「髙阪さんから教わったことのひとつに“ぎりぎりの局面では足を一歩前に出せ。準備ができていない相手だったら、それだけでビビる”というものがあるんです。実際、南アフリカと戦っている時がそうでした。スクラムを組もうとして、こっちが足を前に出すと、不安そうな表情を浮かべるんです。“こんなはずじゃなかった”とね。こっちは“髙阪さん、ありがとう”とつぶやいていましたよ」

 W杯イングランド大会での“ブライトンの奇跡”――そう南アフリカ戦の勝利に、「髙阪剛」という格闘家がどれだけ貢献したか。真壁選手の証言が多くを物語っています。ヘンリーさんの柔術式トレーニングも、半年後にはジェイミー・ジャパンの血肉になっているに違いありません。

K.Ninomiya二宮清純
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ